2019年8月23日金曜日

重大な不具合。

こんばんは、そして、お久しぶりです、Yellowです。
3月の応利山大会から約4ヶ月ぶりの投稿となります。

トライアルの話題を取り上げております当ブログですが、某の本業(仕事)が時期的に激務となり、投稿が疎かになっておりました。
トライアルを全く放棄していたわけではなく、週末の練習等は行なっておりましたが、ブログ投稿に割く時間が取れない状況でございました。

前置きというか、弁明というか、長くなりましたが、投稿をしていなかった期間中、最も重大な出来事を、先ずはご報告。

重大な出来事、
メインフレームにクラックを発見。

本来であれば、フレームごと交換とするのが模範回答ですが、先立つ物が僅かな某としては痛い出費。
溶接で誤魔化すことに。






しかし、アルミ溶接は専用の施設、シールドガス、高い技術が必要な作業になるので、専門の業者さんを、行きつけのバイク屋さんに紹介をいただき、
 施工完了。
片手で収まる程度の出費でした。
それでも高額なのですが。


長崎戦、福岡戦に参戦。
福岡戦後の練習で、フレームのクラックが再発し、さらに症状が悪化。




フレーム終了でございます。
トライアル界では割と良く言われている事なのですが、
外国産の車体は1年毎で買い換え
は、運用資金的な損得を考えると、は最小限度に抑えられると痛感した次第。
既にそのレールから外れてしまった某は、
このバイクが動かなくなるまで、損をし続ける覚悟をしたのでございました。


そういうわけで、フレーム問題を何としても解決しなければいけないので、次の選択肢が浮かびます。

1 バイクを乗り換える
2 新品フレームを交換する
3 再度、フレームを修理する

1は、前記のとおり損をし続ける覚悟をしたばかりなので無理(やせ我慢)。
2は、新品フレーム¥210000と高額(新車購入より随分と安価)なので、悩みどころ。
輸入元に問い合わせたところ、納期は1ヶ月程度で、クラック対策品らしい。
「フレームのクラックなんて、普通ならリコール対象だろう」
とお思いの方も多いのでしょうが、競技車両&小規模外国企業の手前、リコールそのものが無いものとなっています。
3は、金額的にはそこまでないのですが、再度クラックが入る可能性は否定できません。

結論は、


新品フレームに交換。
やはり、今回クラックの入った部分について補強が為されていたことから、メーカーサイドも弱い部分を自認していたのでしょう。
メインフレームの各溶接部分に補強が入っていたので、改善はしてるようです。






そんなわけで、Y氏父にご協力を頂き、車体を組み上げて、



ラッピングシートで化粧直しして

完成です。
試走した感想は、フレーム交換後は車体自体が、剛性感のある乗り味になり、好感触でございました。
スーパーなライダーは、年に2〜3回はフレームを入れ替えると聞きましたが、どんな乗り方をしているのでしょうと、想いを馳せていた次第。

ここ数ヶ月で3回フレームの載せ替え作業をしたおかげで、作業が随分早くなりました。怪我の功名というものでしょうか。

折れたフレームと折れた心を新たにし、再始動でございます。

それでは、このへんで。

2019年3月24日日曜日

大分県トライアル大会第3戦、応利山大会。

こんばんは、Yellowです。
去る、3月24日。
某のホームコースである、応利山トライアル練習場において、
大分県トライアル大会第3戦が開催されました。
パドックの状況
 参加台数29台と、多数のご参加がありました。














特別ルールで、「バック・ラインクロスOK」としており、全体的に厳しめの設定でしたが、「練習量=結果」となる結果となったのではないかと思います。

これに懲りず、再度のご参加をお待ちしております。

それでは、このへんで。

2019年2月24日日曜日

2019九州トライアル選手権、第1戦 大分大会

こんばんは、Yellowです。
先日開催されました、
九州トライアル選手権 第1戦 大分大会
に出場いたしました。

積み込み時の状況

今回は、中学生ライダーY氏を引率しての参戦でした。

Y氏の墨入れ

九州圏のトライアル界では、高齢化・少子化が進行しており、若年ライダーの勧奨・育成が課題となっているなか、Y氏は非常に貴重な存在です。

某の大会結果はというと、

トロフィーの記念撮影
第2位でした。

走り慣れた会場ですので、ここはひとつ優勝を狙っていきたいと思っておりましたが、小さなミスが重なり、いい成績とは言えません。
とはいえ、今シーズンの滑り出しとしては及第点の成績、次戦に向け準備をしていきます。

それでは、このへんで。

2019年2月6日水曜日

応利山トライアル練習場について

こんばんは、Yellowです。
今回は、応利山トライアル練習場のご紹介です。

最初に、応利山トライアル練習場は、治山者のご厚意により走行させて頂いております。
マナーとモラルと安全に配慮して走行して下さい。

場内駐車場の状況
 パドックとなる場内駐車場は、応利山登山道の駐車場を共用しております。
登山客の方々や、地元の方も利用されていますので、利用の際は、配慮をお願いします。
国東半島、周防灘、空気が良ければ本州まで一望できる、素晴らしい景観です。
バーベキューなどを楽しんでいる方もいらっしゃいますが、火の処分には十分ご注意ください。
なお、トイレ・水道は有りません。
緊急時は、勇壮な応利山の山肌で、用を足す他ありません。
登山道の状況
場内は応利山登山道と敷地を共用しています。
石階段以外は、ほぼ走行可能です。
場内を探索していますと、なかなか良い練習ができそうな場所があるのですが、長年の間、間伐等の手入れをしていない雑木林には、木々が鬱蒼と生い茂り、極太な蔦が立木に絡みついている状況。
物理的に走行できない箇所がありますが、順次、開拓・整備予定です。

開拓状況の一部

開拓・整備・試走を繰り返し行い、安全に考慮した、走りごたえのあるコースを目指しております。

OTA主催の大分県トライアル大会のレース会場でもあります。
もっとも近日の開催予定は
平成31年3月24日(日)
となっております。
腕によりをかけて、セクション設営し、お待ちしています。

それでは、このへんで。

2019年1月13日日曜日

新年あけましておめでとうございます。

こんばんは、Yellowです。

新年明けましておめでとうございます。
当ブログをご閲覧いただき、有難うございます。
今年からは、更に充実した内容のブログとしていきたいと思いますので、どうぞご愛顧の程、よろしくお願いします。

つきましては、2019年最初のトライアル大会に
大分県トライアル大会第1戦に参加してまいりました。
内山会場の状況

動画・画像については、例の如く撮影していませんが、状況については、
ジュンジュン親子のブログ

やまさんブログ
をご参照下さい。

セクション設定は易しかったので、楽しくトライアルすることができました。
ご参加の皆様、お疲れ様でした。

それでは、このへんで。

2018年12月23日日曜日

練習、53本目。

こんばんは、Yellowです。
愚図ついたお天気の日曜日。
夜勤明けの某は、応利山トライアル練習場にて雨の練習を実施しました。
練習前の状況
某が場内に到着した時には、すでにY氏親子が練習を開始しておりました。
それまで小雨だったのですが、某が到着した瞬間、雨量が増え、泥遊び確定でございました。
滑る路面での練習は、誤魔化しの効かないものとなりますので、出来るか出来ないかがはっきりしてきます。

練習の様子は、Y氏のブログを参照頂きたいと思います。

それでは、このへんで。


2018年12月19日水曜日

2018大分県トライアル大会最終戦、コマツ会場大会。

こんばんは、Yellowです。
去る12月16日、大分県豊後大野市所在の烏岳トライアル練習場において開催された、
大分県トライアル大会最終戦に出場いたしました。
ライダースミーティングの状況

同上
 今回は、エトスデザインの近藤氏が来場し、新型TRSの試乗会を実施されておりました。
新型はコシのあるリアサスペンションで、乗り味は良かったです。
買えませんが。
IA、M氏の走行状況

同上
いつものことながら、某の走行画像等はありませんので、一緒に周回していただいたM氏の画像を。
今年の大会出場は今回で終了。
来年はよりハイレベルを目指し、頑張っていきます。